ホテルサンバレー那須 - 各会場とも無料ですが、入浴券1000円が必要です。入浴時間は各施設により異なります。また2月14日…

今年で4回目となる「那須温泉映画祭」が13日夜から、那須町のホテル、旅館などで始まりました。NPO法人那須フィルム・コミッションと那須温泉旅館協同組合が、各施設の協力で始めたもので、今年の会場は10か所。19日まで毎日、ホテルのホールや旅館の客室、モンゴルの移動式住居「ゲル」風の多目的施設を会場に上映会を開かれます。
初日は午後7時から休暇村那須で開かれました。駐車場に作られた高さ3mほどの雪の壁をスクリーンにして、アメリカ映画「ゼロ・グラビティ」が上映されました。事故でスペースシャトルが大破、宇宙空間に放り出された宇宙飛行士と女性科学者の決死のサバイバルを繰り広げるドラマです。会場は標高約1200mで、小雪が舞っており、薪ストーブが焚かれていましたが気温は氷点下7度。約20人のお客さまはスキーウェアなどを着込み、寝袋にくるまりながら、約1時間半の映画に見入っていました。昨年秋、東京都内から那須町内に移住してきたという40歳代の女性は「寒かったけれど映画はとても迫力があって面白かった。これから温泉につかって帰ります」と話していました。
ホテルサンバレー那須でも17日午後7時30分から、クィンズ・コリーナ館のホールを会場に、フランス映画「緑の光線」を上映します。
最終日の19日午後6時から、キャニオニング&ゲストハウス「ITTAN」ではスペイン映画「アンナプルナ南壁7,400mの男たち」が上映されます。会場には9個のドラム缶を用意し、それぞれに違う泉質の温泉が入れてあり、お客さまはドラム缶風呂に入って映画鑑賞を楽しめます。
ほかの上映開始日時と会場、上映作品は次の通りです。▽14日午後8時・那須高原ホテル松川屋=「幕末太陽傳」(日本)▽15日正午・中藤屋旅館=「ふたりの桃源郷」(日本)、15日午後5時・モンゴリアビレッジテンゲル=「チャンドマニ」(日本)▽16日正午・中藤屋旅館=「レネットとミラベル/四つの冒険」(フランス)、16日午後8時・ホテルエピナール那須=「SING」(アメリカ)▽17日正午・清水屋旅館=「ふたりの桃源郷」(日本)▽18日正午・雲海閣=「チェ28歳の革命」(アメリカ・フランス・スペイン)、午後6時・那須高原の宿 山水閣=「映画深夜食堂」(日本)▽19日正午・雲海閣=「チェ39歳別れの手紙」(フランス・スペイン)。
各会場とも無料ですが、入浴券1000円が必要です。入浴時間は各施設により異なります。また2月14日から3月15日まで、入浴券の半券を上映施設に持参すれば、日帰り入浴が半額になります。問い合わせは那須温泉旅館協同組合(☎0287・76・2755)へ。
  • お問合せ0287-76-3800
  • 情報ページリンク
  • 場所 〒325-0392 栃木県 那須郡那須町湯本203
  • Please note that when this map isn’t using an address, the markers data depends on Google Maps’ contacts with data providers, and is subject to change.
    拡大地図を表示
Is this information outdated? Don’t rush to leave... Click here to view the latest information!

We do not guarantee the accuracy or timeliness of information available from our website.Every piece of information is valid only during the specified timeframe. In addition, the interpretation, modification, and usage rights for the message belong to the seller (or supplier) of the product (or service). Please see the 利用規約.