小樽市総合博物館 - また、未だに「日本で3番目」との表現を見かけますが、同年9月7日に工部省釜石鉱山鉄道が仮開業式を行って…

今から136年前、明治13(1880)年11月28日、官営幌内鉄道は手宮ー札幌間の運行を開始します。北海道で初めての本格的な鉄道の始まりです。
ご存知の方も多いかと思いますが、じつはRailwayとしては積丹半島泊村に明治初年、茅沼炭鉱からのトロッコ用に鉄道がひかれています。ただし、これは牛がけん引するものでした。
また、未だに「日本で3番目」との表現を見かけますが、同年9月7日に工部省釜石鉱山鉄道が仮開業式を行っています。したがって3番目ではないのですが、その順番といった些細なことではなく、この幌内鉄道が北海道の近代化に果たした役割、ひいては日本の近代化を支えた歴史はまだまだ高く評価するべきものであると考えています。
幌内鉄道出発の場所にたつ、小樽市総合博物館としては、この記念日は特別な日でもあります。
今日ご紹介する写真は、開通からあまり日数がない時点に撮影されたものを選びました。最初の写真は張碓の神居古潭あたり、右端に蒸気機関車が小さく映っています。次の写真は現在の小樽築港駅前付近、開通当時にあった若松トンネルです。

=== 本日のイベント ===
入館料がかかります。(中学生以下は無料:冬期料金)
■本館(手宮1-3-6 電話0134-33-2523) 9:30~17:00
★企画展「銀行の街 小樽ー銀行・無尽と小樽の人々」
銀行などの金融機関とそれにまつわる小樽の人々の歴史 を紹介します。 日本銀行旧小樽支店金融資料館との共催展です。
 企画展示室 12月11日(日)まで
★プラネタリウム上映 秋の番組 「国際宇宙ステーションをみよう」
 ①14:50~ ドームシアター
※蒸気機関車アイアンホース号は今年度の運行を終了しました。来春の運行再開を予定しています。屋外展示車両の公開も終了しました。

■運河館(色内2-1-20 電話0134-22-1258) 9:30~17:00
★運河館トピック展「オタル・サッポロ の名を持つ生き物たち」
 小樽や札幌などの地名が名前に付 いた生物について、命名の物語や 地域の自然との関わりについて紹 介します。
 第一展示室 平成29年1月6日(金)まで

<<総合博物館については小樽市ホームページへ>> http://www.city.otaru.lg.jp/simin/sisetu/museum/
  • お問合せ0134-33-2523
  • 情報ページリンク
  • 場所〒047-0041 小樽市手宮1丁目3番6号
  • Please note that when this map isn’t using an address, the markers data depends on Google Maps’ contacts with data providers, and is subject to change.
    拡大地図を表示
Is this information outdated? Don’t rush to leave... Click here to view the latest information!

We do not guarantee the accuracy or timeliness of information available from our website.Every piece of information is valid only during the specified timeframe. In addition, the interpretation, modification, and usage rights for the message belong to the seller (or supplier) of the product (or service). Please see the 利用規約.