FOREX.com - 24日は米国が感謝祭で休日だったものの、ドル買い・円売りの動きは衰えずドル円は約8ヵ月ぶりの高値となる…

ドル高・円安の勢い止まらず(11月25日JST)

国際テクニカルアナリスト連盟 認定テクニカルアナリスト(CFTe)
高野 貴義

米大統領選挙以降、為替相場は円安が進みクロス円は急激な上昇を見せています。トレンドは強気ではあるものの、調整らしい調整の無い状況での価格上昇であるため、相場が反転した際には大きく価格が動く可能性があります。ポジション管理には十分にご注意ください。

<ドル円>
24日は米国が感謝祭で休日だったものの、ドル買い・円売りの動きは衰えずドル円は約8ヵ月ぶりの高値となる113.52まで上昇した。足元の米経済指標の好調を受け来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ観測が強まっていることがドル買いを後押しした。チャートを見ると、実線は週足均衡表の雲の下限(112.13)や2015年6月5日からの下落に対する2分の1戻し(112.40)を上抜けており、このまま基調を維持した場合の上値目標は2月16日高値(114.86)、節目115円、週足均衡表の雲の上限(115.69)となります。
本日のレンジ112.50~113.80

<ユーロ円>
ユーロ円は英国のEU離脱選挙の時以来となる119.75まで上昇。目先は月足均衡表の雲の下限(119.89)を試す展開であり、節目120円までの上昇が視野に入ってきていると考えます。
本日の予想レンジ119.00~120.00

<豪ドル円>
豪ドル円は週足均衡表の雲の下限(83.27)を突破。目先は2014年11月高値(102.82)からの下落に対する3分の1戻し(84.02)を試すことが予想されます。同水準を上抜けできた場合は、3月31日高値(86.68)や週足均衡表の雲の上限(87.26)まで上値余地が広がることになります。今月末に予定されている石油輸出国機構(OPEC)総会での産油国による減産合意を見越した国際商品価格の上昇が豪ドルを支援しているようです。
本日の予想レンジ83.00~84.50
  • お問合せ0120-288-168
  • 情報ページリンク
  • 場所〒103-0022 東京都 中央区日本橋室町4-4-10 東短室町ビル3階
  • Please note that when this map isn’t using an address, the markers data depends on Google Maps’ contacts with data providers, and is subject to change.
    拡大地図を表示
Is this information outdated? Don’t rush to leave... Click here to view the latest information!

We do not guarantee the accuracy or timeliness of information available from our website.Every piece of information is valid only during the specified timeframe. In addition, the interpretation, modification, and usage rights for the message belong to the seller (or supplier) of the product (or service). Please see the 利用規約.