女子美術大学 - 開催場所 | 女子美術大学 110周年記念ホール

文化庁戦略的芸術文化創造推進事業で採択された日本フィルハーモニー交響楽団による音楽支援活動「コミュニティと生きるオーケストラ『被災地に音楽を』」。これまで7年間の被災地で行った活動から見えてきたものをシンポジウムという形で意見交換を女子美杉並キャンパスで行います。同楽団は200回を超える被災地での音楽演奏や音楽教育活動を実施し、女子美オモドック※も10回ほど連携して活動してきました。社会と芸術のつながりが転換期を迎える今、各界を代表するパネラーが名を連ねる中で女子美からはヒーリング表現領域教授のヤマザキミノリ先生が登壇します。定員制の事前申込は2月18日まで、以下問合せ先よりご確認ください。

平成29年度戦略的芸術文化創造推進事業「被災地に音楽を」青少年プロジェクト報告会 日本フィルハーモニー交響楽団「被災地に音楽を」調査研究報告
シンポジウム
【コミュニティと生きるオーケストラ 7年間の被災地活動から見えてきたもの】
開催日時 | 2月25日(日)14:00~17:30(予定)
開催場所 | 女子美術大学 110周年記念ホール
〒166-8538 東京都杉並区和田1-49-8 杉並キャンパス1号館
問合せ | 03-5378-6311(日本フィルハーモニー交響楽団・音楽の森 担当:別府)
申込み | 氏名・連絡先・人数・所属をEメール申込 musicforest@japanphil.or.jp 
締切 | 2月18日(日)※定員80名

※女子美オモドック
https://www.facebook.com/omodoc/
東日本大震災後の2011年6月に女子美生とヒーリング表現領域で立ち上げ継続してきた被災地支援プロジェクト。南三陸町や雄勝町の被災と復興状況視察や活動実施場所の検討、ボランティア体験を経て、アートアクティビティやワークショップを考案。石巻市子どもセンターと山元町子どもセンター、名取市増田児童センターでのワークショップと、気仙沼市の障害福祉NPOネットワークオレンジでのアートアクティビティを実施等。
  • お問合せ03-5340-4500
  • 情報ページリンク
  • 場所 〒166-8538 東京都 杉並区和田1丁目49-8
  • Please note that when this map isn’t using an address, the markers data depends on Google Maps’ contacts with data providers, and is subject to change.
    拡大地図を表示
Is this information outdated? Don’t rush to leave... Click here to view the latest information!

We do not guarantee the accuracy or timeliness of information available from our website.Every piece of information is valid only during the specified timeframe. In addition, the interpretation, modification, and usage rights for the message belong to the seller (or supplier) of the product (or service). Please see the 利用規約.