食べ物はあるけれど飢えもある

日本も同じ状況ですが、バングラデシュにも大量の食べ物があります。
食べきれないものは廃棄します。
なのになぜ飢えで苦しむ人がいるのか。

廃棄するものを配ってしまうと価格破壊が起こるからだそうです。
以前書いた新品の服が捨てられるのと同じです。

栄養失調で脳に障害を持ってしまった子どもがいる。
けれどもその数キロメートル先の飲食店では売れなかった食べ物は棄てる。

どれだけ働いても貧困から抜け出せない。
片方では食べ物を棄てるのに費用を払う。
一体この世界はどこに向かおうとしているのか。
お金が中心になっている今の世界はもう限界に近づいてます。
奪い合いで戦争が起こり得る状況です。

分け合いましょう。
この行動が必ず世界が幸せにする。

良かったらネットショップ覗いてください!
https://kenkoshukan.stores.jp/