「ほめること9割
 しかること1割」

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」

などを開発し脳機能開発研究を
されている川島先生によると

「しかる」という行為は
本能に訴えることで効果が大きい。

けれども、しかり続けると
防御作用によって耐性ができてしまう。

だから
何回もしかられていると
聞く耳を持たなくなって
しまうそうです。

「しかる」のは
たまにすると効果的ですが

しかり続けると
かえって教育効果が
なくなってしまうんですね。

その逆の「ほめる」という行為は
本能でなく脳の前頭前野に働きかける
高度な行為なので
1回では足りないそうです。

繰り返し行わないとダメらしい。

ほめ続けることによって
効果がでてくるんだそうです。

なので

「ほめること9割
   しかること1割」

にすることをめざすのが
いいらしいです。