2020年2月14日金曜日 東京 スポーツ・アウトドア
皆様こんにちは!
ボートレース江戸川の「第8回ボートレース研究ファン感謝祭」はいよいよシリーズ最終日を迎えています!

今日は2選手に取材をしております!

まず1人目、優勝戦に1号艇で登場する、3690 河合三弘選手(愛知支部)です前節の常滑からオール2連対を継続中と絶好のリズムです!

★優出おめでとうございます!
「ありがとうございます!」

★舟足は?
「足は全体的に良いです!ほぼ前回の方(渡邉和雅選手)の形を受け継いでいますが、気温が上がると回転が足りなくなるので、少しずつ微調整をしています」

★江戸川の印象は?
「成績や相性は良いと思います!多分地元の次くらいに走っているし、嫌いではないです!」

★緊張などはされていないですか?
「優勝戦1号艇となると多少は緊張するけど、それも良い緊張というか。一走一走集中して、気持ちが上下しないよう、マイペースに落ち着いて走ることを意識しています」

★休日の過ごし方は?
「娘たちが大学生でもう家にいなくて、嫁さんと2人なので、ふらふら買い物に行ったり、のんびり過ごしています。あとは、冬はあんまり回数は行かないけど、ゴルフが長年の趣味で、練習したりもします。最近はあまり行けていないからあったかくなったら行きたいですね」

★優勝戦の意気込みを!
「優勝したいですね!数えるほどしか優勝していませんが、どうにか江戸川で1回は優勝したいと思っています!」

河合選手ありがとうございます✨
好リズムに乗って見事江戸川初優勝を飾るのか、期待しましょう!

さてもう1人は、5061 中村駿平選手(愛知支部)です今節は、2節前に吉田宗弘選手が優勝を飾っている68号機を相棒に好レースを見せており、4号艇で登場した今日のオープニングカードでは、華麗なまくり差しを決めて、見事デビュー初勝利をあげました!

★デビュー初1着おめでとうございます!
「ありがとうございます!嬉しいです!」

★振り返っていかがですか?
「周りからも江戸川はチャンスあると言われていたし、師匠(北野輝季選手)にも今節とって来いと言われていたので、気合は入ってました。初日にペラを叩き変えて、そこからは節1.2くらいの足だと周りにも言われるくらいに仕上がっていました。今日は4コース戦でチャンスもあると思ったので、チルトもはねて、スタートだけは遅れないようにと思っていきました」

★江戸川の印象は?
「来るのは2回目ですが、他の場に比べると6着が少ないので、自分の中では相性は良いんじゃないかと思っています」

★レーサーになったきっかけは?
「叔父さんがレーサーで(浅野由将さん)で、ペアボートとか乗せてもらって、兄(中村泰平選手)がレーサーの試験に受かったので、自分も受けました」

★休日の過ごし方は?
「最近兄が新しい車を買ったので、兄が前に乗っていた車を買い取って、ドライブに行ったりしています。あとは同期と遊ぶのが好きです。この前蒲郡に練習に行ったあとトランポリンの施設に行きました。他にもスノボに行ったりユニバに行ったりしました」

★今後の目標は?
「とりあえずはB1に上がることが目標です!池田浩二さんのグループに入っているのですが、皆スタートが速いので、自分もスタートでいって、捲ったりまくり差したり、臨機応変なレースができるようになりたいです」

★ファンの方へメッセージを!
「やっと1着が取れたので、ここから気を抜かず、まずはB1目指して頑張っていくので応援よろしくお願いします!」

中村選手ありがとうございます✨
水神祭では爽やかな笑顔でお客様に手を振っていました✨同期の中では盛り上げ役の方だそうです(^^)

さて、今節も優勝戦のお時間が近づいております!
どうぞ最後までお楽しみください
今節も取材にお付き合いいただいた選手の皆様、お読みいただいたボートレースファンの皆様、ありがとうございました!それではまた次節✨