2019年7月1日
2019年7月1日月曜日 沖縄 文房具・おもちゃ・ゲーム
【洗骨映画祭受賞のお知らせ】
沖縄フィルムオフィスPR支援作品「洗骨」がトロント日本映画祭で最優秀作品賞を受賞しました!沖縄出身の照屋 年之(ガレッジセール ゴリ)さんが映画監督として作り上げた映画「洗骨」は沖縄フィルムオフィスが支援した短編映画の「born、bone、墓音。」を原作とし、粟国島の土葬か風葬した遺骨を数年後に洗って清めて再度埋葬する風習がテーマとなっている映画となっております。

トロント日本映画祭とは、日本で観客や映画評論家に好評を得た作品や、海外映画祭や国内の映画受賞作品などを上映する映画祭となっており、上映会では約400人が収容出来る会場が満員になり最優秀作品賞が発表され授賞式も行われました。

現地の方々から「沖縄に行ってみたい、粟国島に行ってみたい」との嬉しい報告も頂いたようです。