2020年5月19日火曜日 N/A インターネットショッピング
【ゼネコン決算報2020春、大手ゼネコンでは「五輪後シナリオ」に狂いが生じているようです】
大林組、鹿島は新型コロナ感染拡大で、海外事業がマイナスの影響を受けて減益。大成建設は増益だったにもかかわらず、中計未達を見通して社長交代、今期予想に悲観的です。