2020年2月11日火曜日 東京 スポーツ・アウトドア
皆様こんにちは
ボートレース江戸川の「第8回ボートレース研究ファン感謝祭」はシリーズ2日目を迎えました!

本日取材をさせていただいたのは、4614 石倉洋行選手(福岡支部)です
昨日の2走(5枠・2枠)をどちらも2着とし、今日の第7レース(1号艇、1回乗り)もきっちり逃げ切って、予選前半を終えた時点で得点率2位につけています!

★舟足は?
「どの足も普通くらいですが、気になるところは無いので、気温に合わせた微調整をしていきます」

★江戸川の印象は?
「いつも良い成績が取れるので、好きです」

★レーサーになったきっかけは?
「バイクの整備士として働いていたんですが、転職を考えるようになって、ボートレーサーになりました。年齢的に2回しか試験のチャンスがないと分かっていたのでとにかく受けてみて、最後のチャンスで合格することができました」

★レースの際緊張はしますか?
「します。レース前の待ってる時間と、スタートだけは緊張しますが、あとはもう緊張はなくなります」

★ご趣味は?
「レザークラフトです。3〜4年前のフライング休みのときに、あまりにも暇だったので始めたのがきっかけです。自分用だったり、プレゼント用だったり、そのときによって違いますが、結構大変なので、F休みとか、まとまった休みがあるときに集中して作ったりしています」

★最後にファンの方へメッセージを!
「優勝目指して頑張ります!」

石倉選手ありがとうございます✨
整備巧者として知られる石倉選手、昔から図工や美術がお得意だったのかと思いきや、自分が手先を使って何かを作ることが好きだと気が付いたのは大学生のときだったんだそうです

さて、明日からは予選も後半戦へ突入します!引き続きお楽しみください‍♀️✨