2020年3月28日土曜日 N/A インターネットショッピング
読売テレビさんが制作してくれた日経WOMANのミュージックビデオが、日経doorsのサイトで、4/30までの期間限定で公開開始しました。
楽曲を提供してくれた超素敵なラッパー、あっこゴリラさんのインタビューページに動画を貼り付けています。
https://doors.nikkei.com/atcl/column/19/030900166/032400004/

ミュージックビデオの冒頭に登場するのは、昨年、日経WOMANの付録の万年筆で編集部にお手紙を送ってくださった、78歳の元営業の女性です。今回の出演依頼をとても喜んでくださって、こちらとしても、こんなに素敵な働く女性の大先輩に登場していただき、本当にうれしかったです。

このミュージックビデオは、読売テレビの20代の若手女子ディレクターが、同社の創立60周年記念企画としてコンペで勝ち取った「御社のMVつくります」という特別番組のために作られました。放送は関西ローカルで、深夜2時からの5分間でした。

「自分が仕事で悩んだときに支えてくれた日経WOMANを題材にしたい」と、そのディレクターさんから熱いオファーをいただき、実現しました。

そして、楽曲を提供してくれたのは、ディレクターさんがもともとファンだったというラッパー、あっこゴリラさん。
「自己肯定感」や「フェミニズム」についてのメッセージを発信されていて、楽曲はもちろん、J-waveのナビゲーターとしての活躍ぶりも含めて、とてもチャーミングでカッコいい女性です。

今回の企画のおかげで、あっこゴリラさんというとても魅力的なアーティストと接点ができたことも、大きな喜びでした。

ディレクターさんとカメラマンさんが、これでもか、というこだわりを発揮して、素晴らしいクオリティーの動画になっています。

今週末はコロナの影響で外出を自粛されている方も多いと思いますが、ぜひ、動画とインタビューを楽しんでいただければ幸いです。

これを見ていただいた皆さんの背中を少しでも押すことができれば、こんなに嬉しいことはありません!

(編集長F)