2019年7月31日水曜日 東京 本・コミック・雑誌
無名画家による江戸初期の植物スケッチ。その秘密めいた響きに心が震えます。
 
その無名画家の名は、狩野重賢。本書は氏が描いた「草木写生」をまとめたもの。野山に自生していた野生種だけでなく、博物誌の到来とともに関心が高まりつつあった園芸品種も多く収録されてるなど、 当時の特色もよく表れています。
 
その描かれ方も特徴的で、植物の一部に優しく色が塗られた姿は、命を吹き込むまさにその瞬間を目の当たりにしているかのよう。まだ人工的な絵の具の製法が進んでおらず、天然由来のごく限られた顔料や染料が用いられたという背景からも、 色のバリエーションを表現するために重ねられた工夫の数々が想像できます。
 
本書には色のついていない線画付きですので、狩野重賢の注いだ眼差しを感じながら、自分で彩色に挑戦してみるのも楽しいと思いますよ。「春の巻」とあわせて、ぜひご覧ください。 (なつき)
 
 
草木写生 秋の巻
https://nostos.jp/archives/212280

   
------------------
  
  
ル・コルビュジエの展示会図録や、水木しげるの妖怪本など18冊を入荷しました。
https://nostos.jp/archives/date/2019/7/31
  
  
【入荷一覧】  
 
 
草木写生 秋の巻
https://nostos.jp/archives/212280
 
草木写生 春の巻
https://nostos.jp/archives/204079
 
開館50周年記念 ル・コルビュジエと国立西洋美術館
https://nostos.jp/archives/211890
 
ル・コルビュジエ展
https://nostos.jp/archives/186731
 
建築がみる夢
https://nostos.jp/archives/207037
 
月岡芳年 妖怪百物語
https://nostos.jp/archives/212285
 
のんのんばあとオレ/水木しげる
https://nostos.jp/archives/121270
 
続・妖怪図巻
https://nostos.jp/archives/121272
 
Yokai No Shima 日本の祝祭 万物に宿る神々の仮装/シャルル・フレジェ
https://nostos.jp/archives/211340
 
鳥獣戯画:京都 高山寺の至宝
https://nostos.jp/archives/205953
 
虫類図譜/辻まこと
https://nostos.jp/archives/180516
 
旅の絵本/串田孫一
https://nostos.jp/archives/173563
 
森鴎外と美術展
https://nostos.jp/archives/206511
 
廃園の草/武井武雄
https://nostos.jp/archives/193856
 
加藤清正/武井武雄
https://nostos.jp/archives/193073
 
坪内逍遥 会津八一 往復書簡
https://nostos.jp/archives/181629
 
椿實全作品
https://nostos.jp/archives/2026
 
紀ノ上一族/久生十蘭
https://nostos.jp/archives/23372
 
------------------