あるペットショップの店頭に
「子犬セール中!」の札が掛けられました。

子犬と聞くと子供はたいそう
心をそそられるものです。

しばらくすると案の定、
男の子が店に入ってきました。

「おじさん、子犬っていくらするの?」

「そうだな、30ドルから
 50ドルってところだね。」

男の子はポケットから
小銭を取り出していいました。

「僕、2ドルと50セントしかないんだ。
 でも見せてくれる?」

店のオーナーは思わず微笑むと、
奥に向かってピィーと口笛を吹きました。

すると、毛がふかふかで
丸々と太った子犬が5匹、
店員の奥から転がるように出てきたのです。

ところが1匹だけ足を引きずりながら
一生懸命ついてくる子犬が
いるではありませんか。

「おじさん、あの子犬はどうしたの?」

と男の子は聞きました。

「獣医さんに見てもらったら、
 生まれつき足が悪くて、
 多分一生治らないって言われたんだよ。」

と店のオーナーは答えました。

ところがそれを聞いた男の子の顔が
輝き始めました。

「僕、この子犬がいい。
 おじさん、この子犬を売って!」

「坊や、よした方がいいよ。
 そりゃあ、もしどうしてもっていうのなら
 ただであげるよ。
 どうせ売れるわけないから。」

と店のオーナーが言うと、
男の子は怒ったように睨み付けました。

「ただでなんかいらないよ。
 おじさん、この犬の何処が
 他の犬と違うっていうの?
 他の犬と同じ値段で買うよ。
 今2ドル50セント払って、
 残りは毎月50セントづつ払うから。」
 
その言葉をさえぎるように
店のオーナーは言いました。

「だって、この子犬は普通の犬みたいに
 走ったりジャンプしたり出来ないから、
 坊やと一緒に遊べないんだよ。」

これを聞くと男の子は黙って
ズボンのすそをまくり上げました。

ねじれたように曲がった左足には、
大きな金属製のギブスが
はめられていました。

男の子は優しい声で言いました。

「きっとこの子犬は、
 自分の気持ちがわかってくれる友達が
 欲しいと思うんだ。」