2016年10月26日
神楽坂ドルチェヴィータ in Francoforteです。

日頃大変ご愛顧頂いているOLIVERI社(ストレーヴィ、ピエモンテ州)のエミリオ氏とじっくり3時間、今季のフンギ・ポルチーニの過去に例を見ない凶作について情報交換をしてまいりました。今年はフレッシュが入ってこない、という異常事態になってしまいました。昨年大変可愛がって下さったお客様には、そしてお待ちになられていたお客様には心からお詫び申し上げます。

『ポルチーニが育っているなら、自分が森の中に入ってでも収穫してきたいんだが。。。』

の言葉を聞いて、今季はほぼフレッシュは不可能であると判断いたしました。あとは10月下旬までが旬の季節のフンギ・ポルチーニ、奇跡が起きることを願っています(高湿度=霧&雨+寒さが穏やかであることが条件)。

現在お取り扱いしております乾燥ポルチーニと冷凍ポルチーニで乗り切るために、1年分の両製品の調達をしてまいりました。今年のポルチーニは価格が高騰することが予想されていますが、神楽坂ドルチェヴィータでは、何とか値上げを吸収するために、この円高を駆使しながら安定調達に努めてまいります。

エミリオの新製品を含む全17種類の香味豊かな食材を選んでまいりました。詳細は追ってご連絡差し上げます。ナターレ・ギフト用のとっても素敵なフンギ・ポルチーニのギフト・ボックス含めて、大切なあの方の目を細めさせ、みなさまのほっぺを落とすための新導入製品、まずは空輸便での輸入からスタートさせて頂きます。

どうぞご期待下さい