2019年11月4日
2019年11月4日月曜日 東京 スポーツ・アウトドア
皆さんこんにちは☺️
ボートレース江戸川の「BP習志野開設13周年記念」シリーズ3日目を迎えています!

本日取材をお届けするのは、地元東京の期待の123期生、5062 田嶋塁選手(東京支部)です!今節が江戸川初出場です

★舟足は?
「昨日の朝は良くなかったんですが、後半レースでチルトをはねたら、スリット過ぎてからの足が少し良くなりました!前回このエンジンを使っていたのが原田篤志さんなので何も調整をしていませんでしたが、もう少し伸びてほしいので、プロペラを叩くか迷っています…」

★初の江戸川の印象は?
「体が痛くなります(笑)ポチャついてくると、乗れるか少し怪しいです…」

★ボートレーサーになったきっかけは?
「ボートレースを知ったのは、中学時代に一緒に野球をやっていた同級生の父親が、今回一緒の浦田信義選手だったことがきっかけです。それで江戸川や平和島にレースを見に行ったりしました。実際にボートレーサーになりたいと思った1番の決め手はペアボートです!初めて乗ったのがここ江戸川で、すごいボートが跳ねてて。その後に平和島のペアボートに乗ったらスピードがすごくて驚きました(笑)」

★ご趣味は?
「アウトドアが好きで、サーフィンやスノボによく行きます。と言っても10月に1回サーフィンに行ったきり最近は行けていないので行きたいですね〜」

★今後の目標は?
「石渡さんみたいに、どこのコースからでも着を取れるようになって、江戸川でも勝率を上げていきたいです!」

田嶋選手ありがとうございます✨
素敵な目標を聞かせていただきました!江戸川での活躍、期待したいですね✨
6号艇で登場した昨日の第6レースでは、3着争いの競り合いが続きましたが、3周1Mで惜しくも振り切られ、レース後には悔しそうにしながらも、「あそこでどうすれば良かったのか」と複数の先輩に熱心にアドバイスをもらう、真面目な姿が見られました✨

アドバイスをしていたうちのお一人・山田和佐選手と一緒にいるところをよくお見かけするので、お二人のツーショット写真も撮らせていただきました

ちなみに山田選手は、今年の3月以来・2度目の江戸川参戦ですが、前回いらした際の取材でご家族のお話を聞かせていただきました(^^)
今回改めて近況を伺ってみると、なんと第2子となるお子様が誕生されたとのことまた、上のお子様についても「もうすぐ2歳で、できることも増えてきたので、最近は家族で遊園地に行きました!前は乗れなかったアトラクションにも乗れるようになりました!」と、引き続き成長を楽しんでいるご様子でした✨

可能性を秘める若手選手たちに引き続き注目していきましょう

明日は予選最終日です!どうぞ明日もお楽しみください(^O^)