2020年3月26日木曜日 岩手 祭り用品・贈り物・活動
チャペルで挙式をすると、新郎・新婦を祝福するために鐘が鳴りますよね。

あの鐘のことをカリヨンといいます。

なぜ、挙式の際に鐘を鳴らすのでしょうか。

始まりは、結婚式に参列できないゲストの方々にも、式が無事終わりましたよ、ということを伝えるために鐘が鳴らされたとされています。

そして、鐘を鳴らすことで「邪気や災いを払い、幸せを呼び込む」と考えられていました。

さらに、鐘を鳴らす回数にも意味があるのをご存じでしたか?

鐘を鳴らす回数は3回。

それぞれに想いが込められています。







1回目が新郎・新婦への祝福

2回目が両親へ今まで育ててくれた感謝の想い

3回目が挙式に参列してくれたゲストへの感謝の想い



このように1回、1回に想いが込められているなんて、素敵ですね。

ララシャンスで、幸せの鐘を鳴らしてみませんか?

ぜひ、一度会場見学にお越しになってみてください。

3月28日(土)【リニューアル完成】水辺の貸切リゾート×10大特典×豪華試食

3月29日(日)【週末限定BIG企画】2万円コース試食×感動のチャペル体験