2019年10月23日
2019年10月23日水曜日 N/A 本・コミック・雑誌
【週刊READING LIFE 連載記事更新!】第37回:日本株ビミョー、アメリカ株にシフト? の巻≪素人投資家いちねんせい実況中!≫

体育の日の連休明け15日火曜日、朝9時になるかならないかの時間に電話が鳴った。こんな早い時間にかかるのは珍しいことだ。

もちろん、いつもの証券会社の担当のにぃちゃんことM師匠からだった。前週の金曜の引けまでに電話がつながらなくて、私が「えいやっ!」とRPAホールディングスの株をナンピン買いして以来の電話だ。なにやら早口で、今の状況がどうのこうの、決算がどうのこうの、とか説明してくれた。なんでまたこんな早い時間にうちに来たんだろう、といぶかっていたが

その日は、さらにRPA株が下がった……

ぎゃぁぁぁぁぁ

RPAはM師匠が推薦してくれた株なので、ちょっと責任感じているみたい。それで、ナンピン買いについては

あと3回追加投資できる、というところならやっていい

というレクチャーを受けた。ナンピン買いをした後さらに下がるかもしれないからだ。なるほど、3回ね。それをアタマに入れた私は、週末の金曜日にさらにナンピン買いを入れた。この値段ならあと3回いけるかな、と思ったからだ。だけど簿価(平均取得価格)は数十円下がっただけ。先週ナンピン買いした時は100円単位で下がったからよかったけど、これじゃぁあんまり意味がないなぁ、と思っていたらまた電話が鳴った。

「簿価あんまり下がらないんですよ~」というと、それなら買う必要はないということだった。下がらないんなら意味がないって。というか買う前に計算すれば簿価がいくら下がるかなんてわかるじゃんね。M師匠と話すとよく電卓をぱぱぱぱぱっ! とたたいているけど、そうやって計算しないといけないんだね、と心に刻んだ。

その日は萩から来てくれた友達と会っている間にさらにRPAが下がっていた。ぎゃぁ。私が朝買った値段よりさらに安い! 最安値より少し上がって終値がついたけど、こ、これは、ヤバいかも。

M師匠の意見では、これは他の株で取り返すことを考えた方がいいかもしれませんね、ということだった。

《気になる続きはこちら↓》
http://tenro-in.com/shiroutotoushika/103660

《ライティング・ゼミについてはこちら↓》
http://tenro-in.com/zemi/102023